BTOパソコンは…

Build to Orderの略しています。意味は受注生産。つまり注文を受けてからパソコンの生産を行う形となっています。

そのためメーカー製のように完成品が店舗においてあるわけではなくメインは通販になります。そして注文時に各パーツをカスタマイズすることが可能。カスタマイズとはパーツを変更してグレードアップ、グレードダウンさせることです。

予算、用途に応じて自分だけのパソコンを作れるのがBTOの魅力となっています。またBTOパソコンの販売はPCパーツショップが行っています。メーカー製よりも安くパーツを仕入れているため本体価格も安いのがBTOが人気の理由でもあります。

BTOは自作と違い、パーツを選べる楽しさがあり組み立てを行わなくて良いといったメリットがあります。当然ですがBTOパソコンはメーカー製PCと同じように厳しい品質、動作チェックを行った上で出荷がされます。そしてカスタマイズできるパーツについては各搭載パーツとの相性をチェックした上で提供されているので相性が悪かったせいで動作不良、トラブルが起こるといった心配もありません。

ドスパラのBTOパソコンはどんな感じなのか?

ドスパラのBTOパソコンはブランドネームが入っておりDiginnos、Galleria、Raytrakといったブランドに分かれています。これらはグループ会社であるサードウェーブデジノスが企画から製造を行っており厳しい品質チェックを受けています。

製品ラインナップに関しては安価で汎用性の高いエントリーモデル〜性能、機能性を追求したハイエンドモデルまで多種多様の製品を取り扱いしています。そして全てのパソコンで予算、用途に応じてカスタマイズが可能になっています。

ドスパラBTOパソコンの特徴

目的に合わせた豊富なカスタマイズパーツが用意されており、専門工場で組み立て、出荷、配送までを行っています。他社BTOも受注生産ですが出荷まで最短2日といった即納を実現しているのがドスパラの大きな魅力でもあります。

ドスパラの納期

納期に関しては当日出荷モデル、2日で出荷モデルなどがありパソコンが欲しい時にすぐに自分の用途に合わせたパソコンにカスタマイズをして出荷してくれます。各パソコンページに納期目安が記載してあるので参考にしましょう。

そして納期があまりにも早いと品質を疑ってしまう人もいるでしょうがドスパラは最新の生産システムを準備して国内工場で熟練のスタッフが生産をしています。検査、試験に抜かりはありません。

ドスパラはゲームPCが充実

ドスパラゲームPC専門ブランド「Galleria」を展開しています。また業界でも最多のゲーム推奨モデルを準備しておりゲームPCが本当に充実しています。

パソコンでゲームがしたい!そんなニーズをドスパラなら安くすぐに叶えてくれるモデルが多く揃っています。またゲーム推奨モデルはオリジナルアイテムなどの特典付きのケースもありゲーム序盤から優位にプレイを進めることができます。

↑ ページの上部へ