ミニタワーパソコン(PC)は…

タワーパソコンを一回り、二回りほどコンパクトにした筐体を持つデスクトップPCを指します。コンパクト設計なのでスペースが狭くても設置ができるといったメリットがあります。

最近ではミニタワー型でもタワーパソコンに取り付けるような大きなパーツを搭載できるように内部が工夫されたモデルも多数あります。タワー型よりもコンパクトですが意外と拡張性もあるのが魅力です。

そしてタワーとは使用されるマザーボードに違いもあります。タワーでは主にATX規格のマザーボードを取り付けしますがミニタワーになるとmicro ATX規格のマザーボードを取り付けします。マザーボードの大きさが違うため拡張スロットの違いもあります。そういった面ではタワーに負けてしまう部分はありますが超マニアックなPCを組み立てる以外なら十分に活躍してくれるパソコンとなります。

拡張性について具体的に話すとタワー型より拡張性は劣りますが、一体型、スリム型と比較すると十分な拡張面積を保有しているパソコンになります。

そして設置スペースの節約ができます。タワー型だと大きくて不便を感じている方もミニタワーを選択すれば解決するといった人も少なくありません。

ドスパラの人気ミニタワー型パソコン「Magnate」

ドスパラで人気ミニタワーになっているがマグネイトといったシリーズです。コスパの良さと豊富なカスタマイズパーツが人気の秘訣となっています。

CPUもローエンドモデルからハイエンドモデルまでカスタマイズにて仕様変更ができます。またグラフィックボード搭載モデルもあったりします。しかし、グラボ搭載モデルはゲーミングPC「Galleria」の方がやはり同スペックでも安く提供されておりゲーム用途で使うならマグネイトよりもガレリアシリーズがおすすめです。

ビジネス用途、軽いゲーム用途ならマグネイトもありだと思います。

↑ ページの上部へ